2009年07月17日の記事です。

2009年07月17日 第6回と第7回と、あと第8回TFの報告です><

書いた人: たか(2009/07/17 22:45:32)

長らく更新サボってしまい申し訳ありません。
前回更新した第五回のあと、テストフライトを3回実施しました。場所は変わらず埼玉県桶川市のホンダエアポートです。
__

三回分の動画になります。

第六回(6/20)
http://www.youtube.com/watch?v=kr7uIdb1QVA
第七回(6/27)
http://www.youtube.com/watch?v=ItNv1JmApKI
第八回(7/11)
横:http://www.youtube.com/watch?v=QJt30fU4rVM
後:http://www.youtube.com/watch?v=UVv1rF9dUTk

※短距離とは100~200m程度の飛行、中距離とは300~400m程度を目指して飛行する練習を指しています。(短距離といいつつ300m近く飛んでしまった回もありますが…原因は指示ミスなどがあります)
※後ろカメラでカシャカシャなっているのは隣で後輩のD40で連続撮影してもらっている音です。
__

☆超簡単な報告

第六回、風の影響で高度が安定せず、着地直前にエレベータを細かく切ってしまい、変に距離が伸びてしまいました。前回の事故を受けて、慎重にジャンプを繰り返して、尾翼の切り方についてOB様からアドバイスいただいたこともあり、短距離飛行に移ることができました。ここでテール桁の剛性が少し足りていないことがわかりました。第七回、第八回のTFの結果、今年はこのままこのテール桁を使用することとしました。

第七回、ウィングレットが初装着されました。あと自力滑走の練習も行い、滑走はできるものの車輪機構などを再考しないと安定して行うのは厳しそうでした。向きは安定していたものの風が強く、数をこなすことができませんでした。

第八回、可変ピッチがようやっと搭載されました。今年度の可変ピッチはマイクロサーボを用いた制御を行っており…といっても細かいことは言えないので^^;ペラ班か電装班に譲ります。今回は離陸の際取付角をマイナスに切っておき、速度が上がってから設計値に戻す、という方法だけ行い、飛行中に切ってみる練習をしてみました。

(機体進行方向を12時として)風が11時から1時にうねりつつ、風速が1.5~2m/s程度で吹いていたこともあり、蛇行した飛行をしてしまっています。蛇行の幅も減衰させられていなかったため、滑走路上に止められたのはよかったものの…という感じです。前輪から強く着陸してしまいましたが、戻ってから確認してみたところ、前輪、フレームともに特に異常は見当たりませんでした。

__

次は19(日),20(祝)で行おうと思います。気持ち的には最終TFな感じで。
予定上、今年度の人力飛行機部門の最終目標がお盆明けになりそうなので、8月にもう一度感覚を取り戻すレベルでTFする予定ですが、しっかり飛ばすのは次でラスト、という感じです。

この記事へのコメント(0)

この記事へのコメントはありません

コメントを書く

Copyright © 1992-2017 Meister. All rights reserved. E-mail : webmaster@meister.ne.jp