セキグチが書いた2007年12月25日の記事です。

2007年12月25日 入らないものを入れろ - 後輪周りの設計 その2

書いた人: セキグチ(2007/12/25 00:53:52)

 モックアップを作り、他チームの作業場の訪問で車体を参考にしながら車体の設計をしている操舵駆動担当です。

 今回の車体はドライバーの特性を生かした非常に小さい車体のようです。そのため、今までの減速モーター(ギアやチェーンなどで減速することによって回転を伝えるモーター)が積むことができないので、DD(ダイレクトドライブといい、モーターの回転とタイヤの回転が一体の構造)のモーターを積む設計です。そのため、私はDDを積むことを前提とした設計で計画を立てました。

 設計と作業と宿題とバイトで忙しいそんなある日のこと、私は設計から無理難題を突き付けられたのです。それは、
「菅生用のモーターとアモ(モーターの電磁石の芯に高性能なアモルファスという材料を使ったモーター)の両方が積める駆動系を作れ」
というものでした。
 DDしか積めないことを前提とした今回の車体、「菅生用のモーターはともかく、設計自身が積めないと自負したアモを積めとは・・・ドラエモンじゃねーんだぞ!!」と突っ込みたくなりました。
 しかし、そんな無理難題を克服するのが私の仕事、よろこんで引き受けましょう。(?)

 とはいうものの、幅のとるスポークのホイールでは絶対無理なので、OBの余ったディスクホイールを使うことで対応できるのではないかということで設計がそのディスクホイールを持ってきました。
 「どうやってモーターを置けば積むことができるんだ・・・」このときばかりはコンパクトな車体をうらめしく思いました。

  ・・・続く

この記事へのコメント(0)

この記事へのコメントはありません

コメントを書く

Copyright © 1992-2017 Meister. All rights reserved. E-mail : webmaster@meister.ne.jp