セキグチが書いた2008年02月15日の記事です。

2008年02月15日 前輪設計の見どころ -前輪操舵の設計 その1

書いた人: セキグチ(2008/02/17 02:32:44)

 ようやくテスト期間が終わってほっとしました。単位来るかなー。

 エコノ製作は、第一回大積層が終わって、第2回大積層が終わって、マイスター初の第3回大積層が始まろうとしているところです。
操舵駆動については後輪の設計がほどほどに終わりましたので、次は前輪の設計です。

 前輪設計の見どころは、パラメーターの設定と操縦インターフェイスの設計と干渉とのチェックです。
パラメーターの設定は、タイヤの角度をうまくコントロールして、安定して効率のよい運転ができる車体を作るのに欠かせません。

代表的なものとしては

ハンドルを最大限に切ったときのタイヤの角度の変化を表す 切れ角

正面から見て、ハンドルを切っていないときのタイヤの傾き(八の字加減)を表す キャンパー角

上面から見て、ハンドルを切っていないときのタイヤの傾き(八の字加減)を表す トー(角)

正面から見て、タイヤの切れ軸の傾き(八の字加減)を表す キングピン角

上面から見て、タイヤの切れ軸の傾き(八の字加減)を表す キャスター角

ハンドルを切ったときに内側と外側のタイヤの切れ角の差を表す アッカーマン

が上げられます。各パラメーターの効果と短所は自分で調べてみてね。

 操縦インターフェイスは、ドライバーがうまく操縦するために欠かせないものです。とくに運転のしやすさはレース中のきつい環境の中、ドライバーの負担を軽くするのに効果的です。
 マイスターでは毎年車体が製作されていますが、操縦インターフェイスは毎年変わっております。

2005年製作のライトビルトは、車のハンドルのような感じです。

2006年製作のトリロビートは、左右2本のアームを動かして操縦します。

2007年製作のトランスパンダは、自転車のハンドルのような感じです。

今年は、どの操縦体系にしようかな。ドライバーに聞いてみると・・・。

「ライトビルトでの運転が1番慣れている」

ということで、ライトビルト式になりそうです。が、個人的にはトリロビート式が好きです。悩むなぁ〜。

 干渉のチェックは、その名のとおり、タイヤがボディに当たらないような設計にすることです。これを怠ると、レース場で車体を削るはめになります。そうならないためにも、しっかりと設計する必要があります。

設計の仕方が後輪とぜんぜん違うことは間違いありません。 がんばるぞー!
  つづく

この記事へのコメント(0)

この記事へのコメントはありません

コメントを書く

Copyright © 1992-2017 Meister. All rights reserved. E-mail : webmaster@meister.ne.jp