2008年10月09日の記事です。

2008年10月09日 NATSで勝っつで~後編

書いた人: セキグチ(2008/10/09 00:18:46)

 予選12位となり、決勝は上位チーム戦となったダオとトリロビートは、早朝、余興である惰性走行大会に参加しました。

モーターは使わないので、ダオはギアを外して参加しました。トリロビートはDD(ダイレ
クトドライブ)モーターなので、そのまま自走して坂の上まで運びました。


惰性走行なら半分くらいで止まるだろう・・・とタカをくくっていたら・・・戻ってきました! エコノすごい!

さらに、ダオは坂を上ってスタート地点が見えるくらいまで到達してトップに躍り出ました。

バイゾンに抜かれたものの、ダオは惰性走行大会で2位になりました。これは本戦も期待できそうです。


本戦は午後から始まります。そのため、十分にセットアップと充電を行うことができました。


しっぽを付けて、さて本戦だ~!

ダオはレース開始後はゆっくりと走っていましたが、慣れていくにつれて徐々にスピードを上げていき、亀吉を追い抜いて、トリロビートに並びました。

その後、1時間半まで、トリロビートの後ろを追いかけたところ、周りの車が失速する中、ダオのペースは衰えず、トリロビートを抜かしました。

その後、上位チームも含め、他チームのペースが衰え続けているのを尻目に、今市工高、T-works、ENDLESS、GRIFFON を抜きました。

最後の一周になり、東海大を抜かして同一周回数まで差を縮めました。そして、残り20秒になったとき・・・

     ダオがバイゾンよりも先に戻ってきた!


ダオは最後に上位チームをゴボウ抜きにしてアイシン、ミツバ、バイゾン、東海大に次ぎ、5位になりました。

マイスターはナッツ初の表彰台にのぼりました。



有終の美を飾ったマイスター2008ですが、この大会をもちまして引退です。

車体製作の協力をしてくださった各種企業、団体の皆さん、エコノムーブ製作に協力してくださった人力の方々、技術情報の提供をしてくださったOBさん、そして、ダオを応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました。

この記事へのコメント(0)

この記事へのコメントはありません

コメントを書く

Copyright © 1992-2017 Meister. All rights reserved. E-mail : webmaster@meister.ne.jp