熊谷が書いた2007年11月15日の記事です。

2007年11月15日 最期の戦いになるといいなぁ…幸田大会報告その参

書いた人: 熊谷(2007/11/15 22:42:59)

画像1画像2画像3

 先日近所で急に懐かしい香りを感じたので、何のにおいかと思ったら有機溶剤のにおいだったベアです。幸田大会報告の続きです。

 さて、午後1時半から決勝は開始。我々も準備万端…と言いたい所ですが、なかなかブレーキディスクの調整が終わらない。他の車体がほとんどコースに入ってからも調整を続け、コースに入ってからも周囲の雰囲気を無視して調整を続行する、という強行軍で何とかレース前に調整完了。
 さて、ようやく落ち着いた所で古河電池の熊谷さんのお話し。
「今回、バッテリーはしっかり130Whに充電して頂きました。」
え?130しか充電してないの?もっと充電している(もっと充電できる)と言う予測の元に完璧な作戦を立てていた我々…

画像1

決勝を待つパンダ

 と、まあ不安を残してレーススタート。しばらくは何も起こらず4台とも好調…と思いきや15分程経過した時にパンダが(恐らくぶつけられて)スピン。しかし30秒程でレースに復帰したので問題は無いかな〜っと一安心したのですが…
ところが、一周のタイムを見ると、スピン前が2分ちょいだったのに対してスピン後は2分20秒ペースに。一周20秒も遅くなっている…。何かあったっぽいので代表からパンダ内の中山君に電話。
レース後に聞いた話だと、代表の携帯は、(2年以上大倉庫で酷使し続けた+もはや買って3年目後半の)僕の携帯とは違い、非常に話し易かったそうです。で、中山君によると、「スピンした時に、前後輪の微妙な調整が狂った」との事でした。
正に嫌な予感が的中した感じで、ピットインも検討しましたが、ピットインしてもそれなりに時間が掛かりそうなのでとりあえず走行続行で行ってもらいました。
 その間、気付けばトリロビートが9位→8位→7位と順位を上げて爆走していました。ルシオラは18,9位くらいを安定して走行。ライトビルトは26位くらいを走行していましたが、徐々にラップを上げてきました。パンダにそのうち追いつきそうな雰囲気。

 それにしてもレース中はとにかくMeisterとComoestaはなんどもアナウンスして頂けました。やっぱり合計参加台数が4台だったし、パンダは目立つしトリロビートは昨年の実績が有るし、先輩が物凄く目立つ伝言板を振りかざしてドライバーと交信を試みていたし…
「あの一際目立つピンク色の「車体は…」
「あれは昨年のベストラップ賞の…」
「おや、どうやらドライバーに電話が通じないチームがある様ですね…」
等々。
 レース後半には、パンダがいよいよペースダウンしてきました。バッテリーが少ない様で、ハラハラして見守っていましたが、ついにレース終了15分前くらいにバッテリー切れでコース中で停止してしまいました。26位でした。
 その間にライトビルトはパンダを抜かして23位で完走しました。但し、聞いた話ではバッテリーが余っていて、「もう4周は記録伸ばせた」との事でした。
 トリロビートは終盤まで7位あたりを爆走していたのですが、アッパーの固定器具が崩壊したとかの影響で一度ピットイン。再び出走しましたが、惜しくも入賞はならず、11位でゴールしました。先輩曰く「ピットインしなければあと4位くらい順位は上だった」との事です。
 ルシオラは最期まで安定して走行していた様です。19位だったそうです。先輩曰く「ルシオラの性能は全部引き出せたと思うし、そういう意味では大成功だったんじゃないか」だそうです。

それにしてもパンダですが、縁石に乗り上げたりスピンしたりしたにも関わらず、底面はほぼ無傷です。パンクも少ないし、ちょっとやそっとじゃ壊れないし、なにやら物凄くタフな車体です…

画像2

パンダの底面。無傷です

 という感じで決勝は終了しました。その後は、4台並んで記念撮影をした後、会場を後にしました。

 多分、もう一つ何かまとめ的な物を書いてからWEB上から引退すると思います。まあ、大会報告としてはこんな感じで終わりたいと思います。写真の選考が悪い事と、パンダ以外の報告がいい加減なのはご勘弁下さいm(_ _)m

画像3

集合写真は一番顔が移っている人が多い写真を選びました。この写真でも顔が写っていない方は運が悪かったという事でお願いします。なお、「でんわ」というでかいスタイロ板の意味については大会に行ったメンバーに聞いてください

 あと、遠路はるばる応援に来て下さった応援隊のみなさん、ありがとうございました。

この記事へのコメント(2)

ミツバ齋藤 (2007/11/16 21:33:24)

モーターの件、その他、お問い合わせ有難う御座います。4台も出場するとは驚きました。ぜひ次回からは、もう少し解り易い車両名を付けて下さいませ。私にゃどれがどれだかサッパリ区別が付きません(^^ゞ

熊谷 (2007/11/18 12:19:43)

 確かにMeisterの車体名はドイツ語とかが多いので、他チームに比べてわかり難いですね…。
 でも、最近は段々覚え易い名前になってきていますし、じっくり見ると結構個性が有りますよ。特にパンダなんかは。

コメントを書く

Copyright © 1992-2017 Meister. All rights reserved. E-mail : webmaster@meister.ne.jp