何でもご自由にお書きください。

<<PREV|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|NEXT>>

105. すいません

投稿者: 東工大1年 投稿日: 2009/05/26(Tue) 21:16:31

東工大の一年です。時期的に遅くなってしまった思いますがまだ入部できますか?

106. Re: すいません

投稿者: 隊長 投稿日: 2009/05/27(Wed) 22:15:00

大丈夫です。マイスターの正式入部は九月か十月くらいなんです。まだまだ間に合うので、倉庫に一度遊びに来てくださいね。

このツリーに書き込む

103. 他大の一年です

投稿者: こんにちわ 投稿日: 2009/04/21(Tue) 17:38:37

Meisterに入ろうか迷っているんですが東工大じゃなくても大丈夫ですか?
新歓とかにも行けますか?

104. Re: 他大の一年です

投稿者: 隊長 投稿日: 2009/04/21(Tue) 23:54:17

東工大じゃなくても大丈夫ですよ。他大の人もMeisterで活動しております。お待ちしてますね。
新歓などについて、詳しくは別アドレスから後ほどメール差し上げます。

このツリーに書き込む

101. エコノムーブ班のみなさんへ、東日本講習会の件

投稿者: ZDP池上 投稿日: 2009/01/26(Mon) 20:10:01

ZDP池上です。

東日本講習会当日のお弁当の注文を受け付けています。
ご希望の場合は私までメールにて連絡ください。
詳細は下記参照。
http://www2.ogata.or.jp/cgi-bin/wsr2_bbs/bbs.cgi

講習会後の宴会もまだ会場に余裕あるので、よかったら申し込んでね。

102. Re: エコノムーブ班のみなさんへ、東日本講習会の件

投稿者: ミヤワキ 投稿日: 2009/01/29(Thu) 15:50:44

連絡ありがとうございます。
申し込ませて頂きました。

このツリーに書き込む

99. サークルの運営に関して質問があります。

投稿者: 早稲田大学宇宙航空研究会鳥人間プロジェクト(WASA)1年岩崎悠介 投稿日: 2009/01/13(Tue) 23:03:50

はじめまして、早稲田大学宇宙航空研究会(WASA)
鳥人間プロジェクトの駆動パート一年岩崎悠介と申します。

秋の交流会の資料、WEBの連絡先を見て連絡を差し上げています。
急の連絡をお許しください。

今回急に連絡を差し上げたのは、サークルの運営に関して他校は
どのような工夫をしているのか知りたいと思ったためです。

私たちは2008年度の鳥人間コンテストを終え、2009年度体制で新しく
活動を開始しています。と同時に、2010年度体制を担う私たち1年生は
来年度のサークル運営方法についても模索しています。2010年度の体制
作りについて議論するうちに以下の大きな問題点があることに気付きました。

飛行機は骨組みから作っていき、次に主翼や尾翼、プロペラ、フェアリング
といった順で作っていくことはどこの大学でも共通していると思います。
また、どの大学でも飛行機の作成部分によってパートが分かれていること
も共通していると思います。
しかし、このような体制を作ると、骨組みを作っている時にはそこを担当している
パートのみが忙しく、その他のパートは全く作業をすることがない、主翼を作ると
きにはそこを担当するパートのみが忙しく、その他のパートは全く作業をすること
がない・・・という状況が生まれてしまいます。

実際、このような状況がサークル内に起きており、各部員のやる気の低下、不満から
サークルとしての求心力の低下につながるだけでなく、作業の質にも影響があると
思われます。

貴校のサークルでこのような問題について何か具体的に実行していることなどが
ありましたら、是非とも教えていただきたいと思います。

お忙しいと思いますが、返信よろしくお願いいたします。

100. Re: サークルの運営に関して質問があります。

投稿者: カイノ 投稿日: 2009/01/14(Wed) 17:26:57

>早稲田大学宇宙航空研究会(WASA) 岩崎様

2009年度人力飛行機部門代表のカイノです。
コメントありがとうございます。返信についてですが、こちらではなく別途アドレスに返信させていただきます。
ではよろしくお願いします。

このツリーに書き込む

93. 違う角度

投稿者: 物理好きの医者 投稿日: 2008/11/14(Fri) 18:13:24

場違いな人間が まぎれこみます。

人力飛行機は おもしろくて みていました。
先日 パラリンピックで 義肢のランナーが すごいスピードで 走り抜けていました。
この原理を使うと ペダルのこぎ手が もっと エネルギーを効率よく使える可能性が ある。
股関節と膝関節を 伸展位に形状記憶した ダイナミックスプリントを使えば、屈曲時に エネルギーを金属にためておいて、ぺだるを踏み込む伸展時に そのエネルギーを放出する。
つまり ペダルをまわすのに、伸展筋の力で まわすのだが、屈曲筋は ほとんど ふつうは 遊んでいる。その遊んでいる屈曲筋に 仕事をさせて 屈曲時に 金属にエネルギーをためこんでおいて、伸展時に そのエネルギーを ペダルをまわす補助に利用する。
これができたら もっと プロペラのパワーが あがる はず。

 ・・・  部外者 の おもいつき

94. Re: 違う角度

投稿者: 物理好きの医者 投稿日: 2008/11/14(Fri) 18:28:43

最近 形状記憶合金と熱可塑性プラスチックにこっていて、いろいろなものを 作っているうちに ポロット おもいついたのです。
ダイナミックスプリントというのは 関節を 一定の位置に固定しながら 少し運動させてやらないと 腱が 癒着してしまって
手術のあとに 指などが 動きにくくなるために それを予防するため 装着するうごくギプスです。
ここに あらたに 形状記憶合金をつかうと 簡単にダイナミックスプリントが出来てしまいました。
そして それをつかうと たとえば 介護補助のような動作をするときでも、重力に逆らう向きの仕事をする際、反対向きの筋肉で 金属にエネルギーをためておけば 簡単に仕事が できる はず 
     ・・・・・  と 夢見ていたところ です。

95. Re: 違う角度

投稿者: 物理好きの医者 投稿日: 2008/11/15(Sat) 07:07:39

たとえば 足にヒレをつけてやれば もっと ずーーーっと速く泳ぐことが出来るように。
からだに 簡単な器具をつけてやれば もっと ずっと速く 強く 長い時間 ペダルをこぐことが 出来る可能性が ある。
それは あらゆる運動について もっと効率の良い 運動が可能となる。
ペダルから先は 最先端だが その手前が なんとも 原始的方法と いわざるをえない ?

  ・・・   ちょっと 知識の散歩

96. Re: 違う角度

投稿者: 物理好きの医者 投稿日: 2008/11/16(Sun) 00:43:24

たとえば スラップスケートは 普通のスケート靴よりも 速く滑ることが出来る。靴の下に入れた バネに エネルギーを蓄えて それが キックの最後に 利用される。
棒高跳びでは 人が走ってきた 運動エネルギーを 一度 ポールにためて、 それを 再び 人が 空に向かって上昇するとき
人を 持ち上げるエネルギーに 変えて 利用する。
人の出したエネルギーを 違う形で 一度ためておいて、必要なときに それを 必要な形で 取り出す。
壁を押しても エネルギーは 取り出せない。
トロッコを 押せば 動きさえすれば エネルギーは 取り出せる。
 
ペダルをこぐとき 上肢の エネルギーは 利用しているか。
変形でも 移動でも 取り出せる 可能性は ある。
下肢でも 前述のごとく 屈曲筋から エネルギーは 取り出せる。一時的に 金属にエネルギーを 蓄えておけば。

・・・・・
       物理 も おもしろい

97. Re: 違う角度

投稿者: たか@人力設計 投稿日: 2008/11/17(Mon) 04:32:07

>物理好きの医者 様
コメントありがとうございます。
普段、駆動効率やペラ効率にはやたら厳しく追及しているくせにこのようなアイデアは全く浮かんでいませんでした。

スピードスケートのスーツは布やゴム系素材のように二種類の素材を組み合わせた構造をしていると聞いたことがありますが、
断熱性や着衣性以外にも最初のコメントで挙げられていたような効果を期待したものなのかもしれません。

大会の規約では使用禁止装置として<内外部からの動力源>の項にエンジン、ロケットの他に
「内外部蓄積エネルギー」が挙げられており、"ダイナミックスプリント"(を利用した装置) は捉え方や装置の仕様によってはこれに分類されてしまう可能性もあります。
個人的には人間の力を有効利用しているのだから問題ないとは思いますが…。

人間工学的な要素はあまり考慮できていなかった点です。立場上、機体の性能向上ばかり考えてしまいがちですが、こういった視点ももっと考えて今後の製作、運営に生かしていこうと思います。

98. Re: 違う角度

投稿者: 物理好きの医者 投稿日: 2008/11/18(Tue) 07:52:19

気にとめて いただいて 有難うございます。
兄が 環境問題をやっていて、東工大のドクターを でていたものですから 何となくなじみやすい ということもあって、書き込みいたしました。
今回の 主なアイデアは 人間からは もっとうまくやれば、もっともっとエネルギーが 取り出せる 可能性がある ということですね。
いがいと 人間の 運動が研究されていない ともいえます。
医学でも スポーツ医学くらいでしょうか。
それでも そのテーマは オリンピックに勝つ ということですから、それに合わないものは ほとんど研究されていないのでしょう。
私の場合、テニスでも ダブルハンドとスライスの研究もしていますが、力のない人間には とても有力な 武器となっています。
これも 人間のもつ力の 有効利用の一つです。

なお ダイナミックスプリントの 上記でのべたものは、まったくのわたしのオリジナルで、まだ世の中のひとは それをみていません。わたしが 仕事上 患者さんにあわせて 手作りしているものです。
もしも 関心がありましたら メールしてください。
その詳細を お知らせいたします。

  それでは ご健闘を

    ・・・・  GOOD  LUCK

このツリーに書き込む

<<PREV|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|NEXT>>

新規投稿

Copyright © 1992-2017 Meister. All rights reserved. E-mail : webmaster@meister.ne.jp